開花亭の蟹の淡雪ふりかけをお取り寄せ

スポンサードリンク

番組で紹介したら2万個注文殺到!

福井のとある料亭の蟹の生ふりかけがテレビで紹介されて、売切れ続出の話題になっている。
その生ふりかけは「蟹の淡雪」というもので、福井県の老舗である開花亭が販売しているものである。

 

その人気の高まりから、TBS系「紳助社長のプロデュース大作戦!」で取り上げられ、日本全国ご飯の友No.1決定戦!メシ友グランプリ2011に参加している。
そのグランプリの審査員には高く評価され、人気は高まるばかりである。

 

それもそのはず、蟹の淡雪には1袋あたりズワイガニがなんと、贅沢にも1.5kgも使用されており、さらにそのズワイガニの味付けはゆでる時に使用する若干の塩分と酢を使っていて、さらに福井の地酒と味付けも豪華である。

 

1日約400食しか生産されない数によって、ある一種のブランドが形成されているが、値段は1袋が1365円というのは至ってお手ごろである。
1袋の内容量に対してズワイガニが1.5匹分の足身をつかっているのだそうです。

 

気になるお取り寄せ方法であるが、インターネットショッピングでは楽天市場には開花亭があるが、神戸の開花亭の商品とかになるので間違わないように。
実際は日本橋三越本店で販売されており、お店に行って購入するか、開花亭の通販サイトで購入ことが可能である。

 

さらに航空会社ANAの機内食としてもあるので、そちらでも一度は食べてみたいものです。
去年は食べるラー油が話題となったが、今年は蟹の淡雪の時代かもしれないので、ぜひこの機会に食べてみてはいかがだろうか。